ヘルスケア

ちょっとした「小さな解決」だけど「便利だ」と思う人がたくさんいたら、社会全体では「大きな改善」につながるかもね!

招待制音声SNS Clubhouseが「招待」なしで利用できるようになりました。AppStoreあるいはGooglePlayからアプリをインストールして登録、利用できます。(ショートメッセージを受信できる携帯電話番号が必要なようです)

あったらいいなラボの番組は

Replays機能を一切使用しません

安心して御参加ください

「何でも広場」では特にテーマは絞りません。在宅、介護を含めたヘルスケアの場面で感じる「あったらいいな」を色々と語り合いましょう。

毎週日曜日午後1時はテーマを絞った「あったらいいな」を語りあう「テーマ別広場」です

(毎月最初の日曜日のテーマは「アピアランス・ケア」)

5月29日(日)午後1時

テーマは「バスルーム」です。

早くも汗ばむ季節、日常生活の一場面「入浴・シャワー」

でも状況によっては、とても大変なんです。

「あったらいいな」をあれこれ語り合いましょう!

さぁ、医療機器を開発!

 ってカッコいいけど難しそう(実際、難しいことが多いです)。

でも、クリップとかボールペンなどの文房具、あるいは病院でも使われることが多いiPadも医療機器として開発されたわけではないですよね。でも、現実にはとても役に立ってます。

たとえばマーカーペンとかポストイットって日常業務で便利でしょ?「なければないで何とか仕事はできてたけど、使い慣れると手放せなくなった」そんな「明日の必須アイテム」。でも、それって今の不満や不自由を見つめなおさないと「どんなモノがほしい」すら言えません。

それと「私の不満って、私が不器用だからじゃない? 言ったら逆にバカにされない?」と、言うのをためらってしまう事ってないですか?

多分、同じような不満、不自由を感じてる人って結構いると思うんですよ(確かめたわけじゃないけど・・・)。そんな「それ アル! アル!」を共感して、解決できる人に声が届く「広場」をつくれないかなぁ

という思いでClubhouse内にRoomを開設しようかな~ と背伸びしちゃいました。(実際にはClubとしていろいろなRoomを開設できるようにしてます)

とても申し訳ないけど、ハイテク満載の巨大マシンとか1mmのナノテクマシンを作る気なんてないんです。100均ショップとかホームセンターの棚で見かけそうな、ちょっと気の利いたアイテムくらいからボチボチ・ワイワイとモノ作りができたら楽しくて、うまくいけばみんなに喜んでもらえることもあるかな? という感じです。

で、タイトルにある「ヘルスケア」ですけど、医療がカバーする範囲が広がって裾野も大きくなってきて、以前はわからなかった病初期の診断ができたり、生活習慣の改善とかを通して予防志向が高まってくると、特別な場面としての「医療」ではなく日常生活の一場面、風景ととらえた方がいいのかな? と遅ればせながら感じて、「ヘルスケア」という少し間口を広げた視野で歓談できたらなぁ という思いを込めました。

Clubhouse仲間の企画